読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hさんの時間

5歳のこどもと暮らす日々のことなど

SFC修行してみます 3

プレミアムポイントは前回から増えていないわけですが。(9,000ポイント)

tknlvh.hatenablog.jp

 

 フライトの予約だけはばっちり

『プレミアム株主優待 羽田−石垣往復 7,000ポイント』× 6回=42,000ポイント

構想していたこの6回分予約済で、8月3回の9月3回。

天候が心配ですが、順調に行けば9月にはSFC申し込めるのではないかしら!という期待。

私の2016夏は皮算用で頭がいっぱいです。

 

費用はすこし予定より抑えられたみたい

  • 羽田−那覇 プレミアム株主優待 往復 60,000円 搭乗済
  • 羽田−石垣 プレミアム株主優待 往復 80,000円 × 6回 =480,000円
  • 羽田−石垣 プレミアム株主優待 往復 80,000円 × 5回 =400,000円
  • 羽田−石垣 往路プレミアム株主優待 復路プレミアム旅割28 =77,000円
  • 株主優待券 1枚あたり4,200円として 7往復分で14枚 =58,800円 
  • 株主優待券 1枚あたり4,200円として 6往復と1往路で13枚 =54,600円 

あわせて598,800円で考えていたのが、591,600円で7,200円安くなりました。

全体からすると7,200円は小さい気もしますがこれだけあれば飲みに行ける金額なので安くなる分には嬉しいものです。

なので、

  • 修行にかかる費用:591,600円
    • 190,000マイルを1.6倍でSKYコインに変換して304,000円
    • 持ち出し分287,600円

ですね。

まあ高いですね!!

 

マイルは取り戻したい

実際に懐を直撃しているのは持ち出し分になりますが、気持ちの上でどしんとのしかかってくるのは前者のマイル→SKYコイン分です。地味に何年かぶんのクレジットカードポイントです。

一度たりとも使わずに血道をあげてこつこつと〜というわけでもなく、実家に帰るときには特典航空券に換えて、カードの年会費だって元取れてるよ、十分十分、とのんびりぼんやり貯めていたポイントとはいえ、ありとあらゆる決済をカードに寄せ数年がかりで貯めたものではあるわけです。

なんか・・・いいのかな・・・この使い方で・・・ という不安はよぎる。

というわけで、ポイントサイトを使い始めましたし、ソラチカカードも家族カード止めて本会員で取り直しましたし、

マイルを貯めるなら、今がチャンス!3つのボーナスマイルキャンペーン スルガ銀行ANA支店

最大56500マイル相当が当たる!!ANAカードご入会キャンペーン|クレジットカードの三井住友VISAカード

こういうのだって意識しています。

問題は根が無精なので管理しきれなくなってきていることですが・・・もし取りこぼしがあってもそこはめげずに挑戦してればなにもしてないよりマイルは戻ってきてくれるだろう、と考えることにしました。

 

ここまで来てちょっと不安になっていること

で、まあ、もう進むしかない!という感じなのですが、家人がプラチナ達成して、家人と私がSFC本会員とSFC家族会員になったとして、Hさんはどうなるんだろう??

同行者扱いになるんだとは思うのですが、同行者って同行者ってどこまで・・・?サービスによっては同行者1名までOKとか同行者はNGとかいろいろありますよね?<雑

たとえば大人同士で、ひとりが同行者ってときは別行動にするという選択肢もあるかもしれないけど、同行せざるを得ない幼児及び小児はどうなるのか??

ラウンジはきっと同行者として同伴できる。保安検査場とかは??優先レーンとかは??

SFC取るぞ!!という決意は=子ども連れでもゆったり旅行を楽しみたい!とくに小学校以降な!ということなわけですが、別行動できないならSFC持ってても一般の列に並んでください、とかなるんですかね?

保育園の間は大人の都合で、あえてピーク時をはずして旅行できるので空港だってそんな混んでる目にはじつは遭ったことがないのですが、きっと夏休みとか冬休みとか春休みとか、混んでるんですよね?そういうときのための空港利用時でのメリットは特典航空券の取得しやすさと並んで私にはとても重要なのですが・・・18歳以下は家族カードも作れないし・・・ううむ・・・

いちおう、2親等以内の特典利用者登録は家人に済ませてもらっています。